Skip to main content

オンライン節分をやってみました

2020年のコロナの感染拡大以来、オンライン授業を継続しているさくら会です。

オンラインでもみんなで一緒のモノを食べたり飲んだりしたら楽しいのでは?と、今年の節分は、節分パック(折り紙や豆、由来を書いたプリントなど)を各ご家庭に郵送。2月3日の当日は、クラスごとに日本の行事「節分」をオンラインで楽しみました。

たんぽぽ組さん(4〜5歳が在籍する、ひらがなや日本の文化に触れ合うクラス)は、みんなで折り紙でマイ升をつくり、豆を自分の年の数だけ数えて、みんなで「いただきまーす!」。

そして近くの窓や玄関を開けて、みんな声を揃えて「鬼はー、そと!福はー、うち!」(わりとみんな本気で投げています)。



みんな思い思いの鬼のお面をかぶって、鬼になりきっています。



ひまわり組さん(5〜6歳のひらがなや数字の読み書きも覚えるクラス)もオンライン節分。手先が器用になってきている、ひまわりさんは鬼を折り紙で追って、同じく豆を食べたりしながら、節分の意味を学びました!


オンラインだけど、少人数なので、一体感を持ってみんなで楽しむことができるのも、さくら会の特徴です。


Popular posts from this blog

さくら会の見学、体験入学ご希望の皆様へ

2021年度生徒募集中! さくら会はコロナウィルスの影響で去年春から使用施設(学校)が休校になり、本会は現在Zoomによるオンライン授業を行っています。学校閉鎖が解除して使用施設からの許可が出ましたら教室での授業を再開する予定です。 体験入学、ご質問などありましたらお気軽にご連絡下さい。 さくら会

さくら会の先生方の紹介

たんぽぽ組 大庭 紹子(しょうこ)先生 西オレゴン州立大学 スピーチコミュニケーション学部卒業 西オレゴン州立大学 教育学部 ESOL 修士号取得   シェリダン日本語学校で日本語の教師として2年間勤務、シェリダン日本語学校で和太鼓の講師として現在も勤務。太鼓八、太鼓九アンサンブルメンバーとして活動   今年度、たんぽぽ組の担任をさせて頂く事になりました。生徒のやる気の源、楽しいと感じる時間になる様に、私自身も楽しみながら一緒に学んでいきたいと思っています。どうぞ宜しくお願いします。     ひまわり組  吉川 さわこ先生   ポートランド州立大学 応用言語学 修士号取得 私立フル・サークル・カントリーサイド・スクール( K-5 )にて外国語としての日本語プログラムを5年間担当。2014年9月よりさくら会幼稚部を担当 日本語・日本文化を次世代に継承していくことの難しさ、また家庭外における日本語環境作りの重要性を、子育てを通じて痛感しています。ひまわり組では「聞く、話す」を中心に、子供達が日本語環境にどっぷりと浸かれるよう活動していきたいと思っています。「温かく、楽しいクラス」を目標に掲げ、子供たちが頭だけでなく、心も日本語・日本文化と繋がっていけるようなクラス作りを目指していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。     ゆり組、1組(1年生)兼任  西野 亜弥(あや)先生    関西外国語大学 外国語学部 英米語学科卒 ワシントン州立大学 コミュニケーション障害学 修士号取得。ワシントン州のバンクーバーパブリックスクールにて5年間、 2歳~高校生までの生徒を対象にSpeech Language Pathologistとして、言語、発音、発声、 コミュニケーション等のセラピーを実施。 今年度、 1組とゆり組のオンラインクラスを担当する事になりました、 西野亜弥です。 今回初めてのオンラインという事で戸惑いや心配もあると思います が、子ども達一人ひとりとのやり取り、 また子ども同士でのやり取りも大切に授業を展開していけたらと思 います。また、授業内容(教科書、日本の行事、文化等) に沿ってクラス内発表や作文等を通し、 日本語で表現する機会も多く作る予定です。 明るく楽しいクラス作りを目指して、保護者の皆さまと一緒に、 子ども達と楽しみながら頑