Skip to main content

2021年振り返り!授業はオンライン。イベントは会って交流!

 コロナ感染症の拡大により、2020年からオンライン(Zoom)授業となっているさくら会。2021年も生徒と先生の安全と安心をいちばんに考えて、オンライン授業を継続しました。

しかしながら、やっぱり顔を見て体を一緒に動かす活動も、幼少期には大事なことと考えた結果、年に数回(学期に1度を目標にしています)のイベントは、生徒さんも先生も集まって交流しましょうという方針となりました。

■オンライン授業の振り返り

2年目とあって、下は4歳のたんぽぽ組もZoom授業を楽しめるようになってきています。小学生中心の1組から3組は、学校でもオンライン授業を経験しているので、もう慣れたものです。

■イベントの振り返り

10月に晴天の下で「ピクニック」イベントを開催しました。はじめて先生やクラスのお友達と会える子どもたちもいて、ワクワク、ドキドキしながら集合。



日本の文化のひとつ「ラジオ体操」で思いっきり体を動かしたあとは、みんなで「ひらがなビンゴ」に挑戦しました。幼稚部はひらがな、小学部は漢字でビンゴに挑戦!パパママ、先生のサポートのもと頑張りました。

そして次はひろーい公園の中を、お友だちと先生と一緒に「スカベンジャーハント」。歩きながら、日頃オンラインではできない、一緒にひとつのことに取り組む、という体験を楽しんでいたようです。


最後は先生と一緒にクラスごとに記念撮影。



1月にはお正月&節分イベントを、3月には修了式&卒業式イベントも予定しています。


※マスクは感染対策のため着用のうえ、家庭の判断で希望者のみの参加としています。


【お知らせ】
オミクロン株の感染拡大のため1月のイベントは中止といたしました。




Popular posts from this blog

さくら会について

さくら会は木曜日の4時30分~6時30分に開かれる、米国西海岸ポートランドを中心とした子供たちのための日本語教室です。  さくら会は非営利団体で、父兄ボランティアの協力の基に成り立っています。少人数のクラスで、日本人の先生が保護者の助けを借りながら、楽しく比較的自由なカリキュラムで授業を行います。日本語の読み書き以外にも、日本文化や習慣に興味を持たせるために図画工作などの時間も設けています。授業は100%日本語で行われ、小学部では日本の教科書を使用します。生徒は4歳以上が対象です。クラスでのサポート、また家庭でのお子さんの宿題の手伝いのため、最低1名の保護者が日本語に精通していることが必要です。新学年は4月に始まり、夏休みは約2ヶ月です。月謝は$55(2022年4月現在)で、日本語の教科書や他の教育材料はすべて無料で提供されます。 実際の年齢とは関係なく、日本語の習熟度や、お子さんの性格にあわせてクラスを選べることも特徴です。 2000年まではポートランド市内に教室を借りて開催していましたが、2022年度はオンライン授業のさくら会となっています(生徒の人数や希望者がいる場合には、また教室クラスも再開予定です)。幼少期はふれあいも大事であるため1学期に一度は交流の機会として、イベントもポートランド近郊で開催しています。 連絡先: sakurakai4kids@gmail.com 体験入学を受け付けています。オンライン授業参加は、日本語を学びたいことだけが参加条件です。ポートランド近郊在住でなくても構いません。お気軽にお問い合わせください。 ※もしも「対面だったらさくら会、入りたかったのに!」という方がいらっしゃいましたら、 こちらのフォーム からご連絡ください(ただし返信はしませんので、返信が必要な方はメールアドレスからご連絡ください)。 さくら会設立の経緯について さくら会は1995年に「子供の日本語の能力を学力に合わせて伸ばそう」という考えのもとに始まりました。開設当初より、幼稚園部、1組、2組の3クラスがあり、各クラス5人程度の生徒は在籍していた模様です。どの父兄も子供の日本語を維持したいという思いがあり、同じ目的を持った家族が集まりました。 当時より借りている場所への支払いがあったため、会費制度がありました。 教室の場所はSW

さくら会の先生方の紹介

たんぽぽ組 大庭 紹子(しょうこ)先生 西オレゴン州立大学 スピーチコミュニケーション学部卒業 西オレゴン州立大学 教育学部 ESOL 修士号取得   シェリダン日本語学校で日本語の教師として2年間勤務、シェリダン日本語学校で和太鼓の講師として現在も勤務。太鼓八、太鼓九アンサンブルメンバーとして活動   今年度、たんぽぽ組の担任をさせて頂く事になりました。生徒のやる気の源、楽しいと感じる時間になる様に、私自身も楽しみながら一緒に学んでいきたいと思っています。どうぞ宜しくお願いします。     ひまわり組  吉川 さわこ先生   ポートランド州立大学 応用言語学 修士号取得 私立フル・サークル・カントリーサイド・スクール( K-5 )にて外国語としての日本語プログラムを5年間担当。2014年9月よりさくら会幼稚部を担当 日本語・日本文化を次世代に継承していくことの難しさ、また家庭外における日本語環境作りの重要性を、子育てを通じて痛感しています。ひまわり組では「聞く、話す」を中心に、子供達が日本語環境にどっぷりと浸かれるよう活動していきたいと思っています。「温かく、楽しいクラス」を目標に掲げ、子供たちが頭だけでなく、心も日本語・日本文化と繋がっていけるようなクラス作りを目指していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。     ゆり組、1組(1年生)兼任  西野 亜弥(あや)先生    関西外国語大学 外国語学部 英米語学科卒 ワシントン州立大学 コミュニケーション障害学 修士号取得。ワシントン州のバンクーバーパブリックスクールにて5年間、 2歳~高校生までの生徒を対象にSpeech Language Pathologistとして、言語、発音、発声、 コミュニケーション等のセラピーを実施。 今年度、 1組とゆり組のオンラインクラスを担当する事になりました、 西野亜弥です。 今回初めてのオンラインという事で戸惑いや心配もあると思います が、子ども達一人ひとりとのやり取り、 また子ども同士でのやり取りも大切に授業を展開していけたらと思 います。また、授業内容(教科書、日本の行事、文化等) に沿ってクラス内発表や作文等を通し、 日本語で表現する機会も多く作る予定です。 明るく楽しいクラス作りを目指して、保護者の皆さまと一緒に、 子ども達と楽しみながら頑